HOME ノンシリコンシャンプーの効果を最大限にアップさせる生活習慣とは
こんな間違ったドライヤーのかけ方していませんか?

こんな間違ったドライヤーのかけ方していませんか?

髪のキューティクルを痛める原因にもなってしまうので正しいドライヤー選び、かけ方の知識を活かして下さいね

ドライヤーを使うより自然乾燥の方がいいの?


ノンシリコンシャンプーを愛用の方の間で広がっている間違った知識の一つが、
髪の乾燥にはドライヤーを使うよりも自然乾燥のほうが良いという認識
にあります。

ノンシリコンシャンプーは初めのうちは髪の毛がごわつきやすいという特性があるため、
タオルで水分をポンポンと叩くだけでは髪の毛がまとまりにくくなってしまうものです。

そこで、ドライヤーを上から当てるようにかけることで髪の毛の広がりを抑え、
キューティクルによって髪を守る事ができます。

これを一年繰り返し、できればカラーリングやパーマをしないようにすれば、髪が蘇ります。

髪の毛をいたわるドライヤーの選び方

ノンシリコンシャンプーで髪の毛をいたわっていてもパサついたり、広がったりする場合はドライヤーの選び方を変えた方が良いです。

マイナスイオンが発生するドライヤーは髪をいたわることができるのでおすすめです。

マイナスイオンが髪をコーティングしながら乾かすので、
潤いのあるツヤツヤの髪にする効果があり手触りが良い髪になります。

キューティクルを引き締める正しいドライヤーのかけ方

キューティクルを引き締めるためには、しっかり洗髪することと、正しいドライヤーのかけ方が大事です。

まずはノンシリコンシャンプーを使って、頭皮と髪の毛の汚れを丁寧に落としましょう。
泡をしっかり流し切ることも大切なポイントです。
洗髪のあとは、吸水性の良いタオルで髪を包むようにやさしく水分をふき取ります。

高温の熱は髪の毛を傷めてしまうので、
ドライヤーの使用を最小限にするためにちゃんと水分を取っておきましょう。


同じ理由から、風の温度にも注意が必要です。先に手などにあててみて熱すぎないか確認しておきましょう。

タオルでよく水分を取ったら、髪の根本から毛先に風を流すようにして乾かしていきます。
毛先から風をあててしまうと、キューティクルの流れに逆らうことになってしまうのでやめましょう。

だいたい乾いたら、 仕上げは冷風を使って整えます。
このようにノンシリコンシャンプーと正しいドライヤーのかけ方で、
キューティクルが引き締まった美しい髪を手に入れましょう。