髪の洗いすぎは頭皮に悪い?

正しい洗髪方法をチェックしてみてくださいね

こんな間違った洗髪でのしかたで頭皮を傷つけていませんか?

いくら良いノンシリコンシャンプーを使っていても、間違った洗髪のしかたでは美しい髪は手に入れられません。
ノンシリコンシャンプーによっては泡立ちが悪いものもありますが、だからと言ってごしごし擦ったり、爪を立てて洗ってしまうと頭皮に傷を付けてしまいます。また、十分に髪を濡らしていない状態での洗髪や、シャンプーを直接頭皮に付けてその場で泡立てようとするのもよくありません。美しい髪を手に入れるには、毎日の丁寧で正しいお手入れが何よりも大切なのです。

正しいシャンプーのしかた

いつまでも健やかで美しい髪をキープするためには、正しいシャンプーの仕方を実践することが重要です。

間違った方法で行ってしまうと、地肌へキズがついてしまい、健やかな髪の生成の妨げとなってしまいます。 毎日行うシャンプーなので、正しい方法をマスターすることが重要なのです。

爪で頭皮を傷つけないように、指の腹の部分で洗うようにしましょう。
頭皮もマッサージする感覚で、毛穴の奥にまである汚れをすっきりさせるイメージが大事です。
頭皮が堅くなっていると、新しい毛が生えにくくなってしまいます。

シャンプー前にブラッシングすると良い理由

ブラッシングには頭皮の血行の流れを良くする働きや、古くなった角質を落としてくれ、シャンプーの洗浄効果をあげるのでシャンプー前には必ずブラッシングしましょう。

ブラッシングの際に気を付けたいことは、
髪の根本から毛先に向かってゆっくりとなでるようにすることです。

髪のキューティクルを傷つけないためにブラシ選びにも注意が必要です。
ブラシの素材は、プラスチック製のように静電気を発生させやすいものはさけて下さい。
毛先の柔らかい、豚や猪毛でできたブラシを使うと美髪作りに効果的です。