HOME ノンシリコンシャンプーとは
界面活性剤って体に悪いの?

界面活性剤って体に悪いの?

界面活性剤と聞くと、体に良くないんじゃないの?とイメージされる方が多いかもしれませんね。実際、界面活性剤は赤ちゃんでも使えるような石けんにも使われているんですよ!

シャンプーに含まれる界面活性剤は危険なの?

シャンプーに含まれる界面活性剤と言うのは簡単に言うと洗剤です。


石油系で出来ているので汚れを落とす洗浄力が強力であることから、皮膚への刺激が大きすぎることが危険視されている最大の理由です。

その点、ノンシリコンシャンプーは石油系の洗剤ではないので石油系シャンプーのように洗浄力は強くないもの、頭皮と髪を優しくいたわって洗浄することができるので人体に優しいと定評があります。

界面活性剤の性質と選ぶときのポイント

界面活性剤を利用したシャンプーと聞くと、髪や地肌に刺激を与えそうで良いイメージがない、という方は多いのではないでしょうか。

シャンプーや洗顔料などの成分を確認するときによく耳にする界面活性剤ですが、実際どのような働きをしているかというと、シャンプーに含まれている水分と油分をなじませる働きをしています。

通常では水と油を混ぜたとしても、しばらく置くと再び分離してしまいます。そこで水になじむ性質と油になじむ性質の両方を兼ね備えている界面活性剤を入れることで、水と油が混ざり合うようになります。

他にも、地肌や髪に付いた皮脂などを吸着して汚れを落としたり、髪の内部に成分を浸透させるといった効果もあり、シャンプーに入っているからといって決して悪いことではないのです。

しかし界面活性剤には色々な種類があり、どのような成分が使われているかが髪にとって重要になります。

界面活性剤不使用のシャンプーが良いというのは嘘!?

シリコンは合成界面活性剤のひとつで、髪をコーティングするので手触りが良くなり、ダメージが改善されたような気がしますが、栄養成分を補給して髪を健康にするといった効果はありません。

シリコンが毛穴につまって髪の健康を損ねてしまう事もあるので、できればノンシリコンシャンプーの利用がおすすめです。

使い始めは髪がきしむこともありますが、シリコンのコーティングがなくなることで栄養成分が髪に浸透しやすくなり、ノンシリコンシャンプーを使い続けるうちに髪本来の自然なツヤが戻ってきます。

そして気を付けたいのが、石油系などの合成成分が含まれたものです。

ラウリル硫酸などの成分は髪に必要な油も洗い流してしまったり、皮膚が過敏な状態になっていると湿疹やアレルギーを引き起こす可能性があります。